トップ

男性の不妊治療を紹介

男性の不妊症に向き合う

男性造精機能障害の種類

「不妊」は、女性が原因のものと男性が原因のもの、そして両者とも異常がないのに子どもに恵まれないケースがあり得ます。今回はそのなかで、男性の不妊に着目し、その解消方法である「漢方」「体外受精」「タイミング方」について軽く触れていきましょう。

<男性の不妊の種類とは>
男性原因の不妊症には、さまざまな種類があります。精索静脈瘤、先天性精管欠損、逆行性射精、造精機能障害などです。

ただ、このなかで、はじめにあげた3つに関しては、その数は決して多くありません。これ以外にもいくつかの種類はありますが、男性が原因となる不妊の場合、その9割以上が、造精機能障害だと言われています。

この造精機能障害は、さらに、
・無精子症
・乏精子症
・精子無力症
の3つに分けられます。

<それぞれの特徴について>
無精子症というのは、その名前の通り、精子が一つも存在しない状態を指します。このため、一切治療せずに自力で妊娠に至る、ということはとても難しいと言えます。

乏精子症というのは、精子の数が少ない状態のことを言います。自力での妊娠は、難しいものの不可能ではありません。特に治療をせず、タイミングを見計らって行う指導だけでも妊娠成立に至る可能性があります。

精子無力症というのは、精子の数自体は問題がないものの、動きが悪い状態を指します。

もちろん、これらの男性原因の不妊症の場合、病院で継続的に治療を受けていくのが一番です。その過程においてタイミング法の指導が行われたり、体外受精が試みられたりします。

また、造精機能障害の場合、栄養バランスを考えた食事療法や、漢方薬の処方などが行われたりすることもあります。

© Copyright 男性の不妊症に向き合う. All rights reserved.