トップ / 男性の不妊に効く食材の紹介

男性の不妊治療を紹介

男性の不妊に効く食材の紹介

食材や摂取方法の紹介

どんな栄養素が望ましいのか?
男性不妊に効果的な食材として、食事療法によくとりあげられるのが、「亜鉛やセレン、アルギニン、ビタミンEや鉄分を含んだもの」です。

亜鉛は生殖機能の向上に、セレンや鉄分は精子を形作ることに、アルギニンは精子を増やすことに、ビタミンEは男性ホルモンの働きを促進することに役立つと考えられています。

<それらの成分を多く含む食材、具体例>

亜鉛は、牡蠣によく含まれています。次点である豚レバーの2倍の含有量で、亜鉛を効率よく摂取したいのであれば、牡蠣がおすすめです。

セレンはイワシなどの魚介類に多く含まれています。また、ホタテにも含まれています。

鉄分はやはり、レバーに多く含まれています。「亜鉛」の含有量が牡蠣の次に多いとされている「豚レバー」は、鉄分の含有量で言えばトップです。「牡蠣は少し値段が……」という人は、一石二鳥の豚レバーを選びましょう。

アルギニンは大豆製品や乳製品に含まれています。納豆や豆腐などが買いやすく、利用しやすいです。

ビタミンEは、あんこうの肝などに多く含まれます。ただ、これはそれほど一般的な食材ではありません。たらこやうなぎ、カボチャなど利用しやすい食材からの摂取が現実的です。

男性不妊に効果的な食材は、「和食をベースとして食卓を構成する」ということを心がければ、比較的取り入れやすいのではないでしょうか。牡蠣の三倍酢、豚レバーの炒め物、イワシの焼き魚、カボチャの煮物、そして納豆。このように考えていけば、食事に取り入れることは、それほど難しくないはずです。

© Copyright 男性の不妊症に向き合う. All rights reserved.